リフォーム・リノベーションなら、静岡市の【株式会社ベースライン】

リフォームとリノベーションの違い

  • ホーム
  • >
  • リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは?

一般的にリフォームとは「老朽した建物を新築の状態に戻す」ことを言いますが、英語では「悪い状態からの改良」を意味し、汚れていたり老朽化しているところの修復もリフォームに当たります。
住居のリフォームでもっとも多いのが賃貸物件の退去時に行う"原状回復"です。新しい入居者を入れる前にキレイな状態に戻し、新たな人を招き入れるための処置です。

したがって、リフォームとはマイナスからゼロの状態に戻すための処置と言えます。
具体的な例を挙げると外装の塗り直しや床・壁紙の一部張り替え。キッチン設備の修繕などが挙げられます。

リノベーションとは

リフォームに対し、「リノベーション」という言葉が最近広まっています。
これは既存の建物に大規模な工事を入れ、新築よりも機能性を増した建物に改築することを言います。
英語では「革新、刷新、修復」を意味する言葉ですが、リフォームがゼロにする処置であれば、リノベーションは付加価値を付け、プラスαな物件にする処置と言えます。
リノベーションの主なるものとして、水回りの交換や床・壁紙の総張り替え仕切り壁を取り払うことに夜居住性の向上などが挙げられます。
特にリビングダイニングキッチンにしたり、仕切りを取り払うだけでも新しく幹事、リノベーションとしての役割を大きく感じる処置と言えます。

リノベーションとリフォームの違い

さて、リノベーションとリフォームですが、元は同じ"改装"の為、その違いがよく分からないというのも確かです。
賃貸業者も厳密な区別ができず、不確実な表現を行ったり『リノベーション』という響きだけを売りにして現状修復した物件を販売すると行った手段を執っているところもあるそうです。
しかし、リフォームとリノベーションとでは決定的な差が存在します。
それは"工事の規模"と"住まいの性能"です。

工事規模が大規模なのがリノベーション

どちらも修復を行う際に設備交換や張り替えなどを行いますが、リノベーションの場合は往々にして規模が大きくなります。
例えばリフォームでは壁紙や床の一部を張り替え、残っているキレイな部分はそのままにしておきます。つまり多少汚れていても著しい破損でなければそのままにしておくケースが多いのです。
しかし、リノベーションでは床材そのものを変更することすらあります。畳をフローリングやカーペットに変えることで美しく見せ、砂壁を壁紙に変えることで近代的に見せる。これがリノベーションなのです。 当然工事費用もその分高くなります。

住まいの性能が大きく変わるのもリノベーション

リフォームでは新築とは言え元の家と同じ性能に戻るだけです。なので「現状修復」という表現もされるわけです。 しかし、リノベーションは新築以上の性能に置き換え、時には住居に付加価値を付けることすらあります。 例えば住宅にオフィススペースを設けたり、逆に一部屋の仕切りを取り除いて大部屋にするといった具合です。 これを「コンバージョン(変換、転換)」と呼び、オフィスビルに多くの空き部屋がでている地域ではオフィスビルを住居用にコンバージョン下マンションも数多く見受けられます。

業務案内

施工事例

INFORMATION

株式会社ベースライン
事務所
〒420-0816
静岡県静岡市葵区沓谷3丁目1-12
tel:054-294-7923
メールフォームは24時間受付中!

静岡県静岡市
コストをかけずにできるリフォーム・リノベーションのご提案・施工

page top